ノスタルジー

2012年07月10日

町内散歩 太地の迷宮・大東、小東と平見の坂編

出産の為里帰りして、はやひと月。
順調に体重が増え続け、病院に行くたびに怒られる日々。
胎児も2500g超になったし(2500g以下は低体重出産)、そろそろいつ生まれてもよさげ。
しかし全然下がってこない。
そして、胃腸の機能が低下していて、逆流が頻繁に起こる。

歩かねば!

臨月に入ってようやく歩く。


ただ歩くのも退屈なので、写真を撮りながら行く。


DSC01821

JA前にアンパンマン。
かわいいやないか。
元職場でもある。




DSC01822

かなやという金物店にて。
調理器具や食器が売っている、小さな町の小さなお店・・・なのに、売られてるカップ&ソーサーは1客18000円(゚д゚)!1800円かもしれない。でもよく見えない。
どっちにしても高い。
誰が買うのか・・・。


元々ここは、道をはさんで2店舗でひとつのお店であった。今はそのうちの一つが駄菓子屋さんになった。
昔はたくさんあった駄菓子屋さん。
おそらく今はここしかないので、頑張ってほしいものです。
DSC01823

DSC01824

駄菓子屋さんの方のお店の中に『ぐりとぐら』発見。かわいい。なごみ。






DSC01825

町内唯一の化粧品屋さん。
ここのおばちゃんは試供品いっぱいくれるので、よく行きました。



DSC01827

かつて駄菓子屋さんだったお宅。
えみさんという名前のおばあちゃんが営んでいたので、通称「えみちゃん(もしくは えみばぁ)とこ」
えみさんはご健在なのだろうか?



ここで、ビッグニュース!

DSC01826

えみばぁとこの近くにムカイリくんのお宅発見!!
なんと!同じ町内に住んでたとは・・・!





DSC01828

かばかわいいよ、かば。





DSC01829

薮田商店。
かつては町内唯一の書店(雑誌と少しのコミックと文房具が売られてた)であったが、いつの間にやら書籍は姿を消していた。
免許をなくしてヒマでしょうがなかったころ、ここでワンピースを全巻揃えたのに。



DSC01831

その前のさっちゃんの店。
食料品と日用品店だったけど、ここももうやってないみたいだった。
ここは私が大人になってから出来た店なので、それほどなじみはないが、残念。





DSC01830

この辺りの路地は、うっかり入り込むと、地元民でも迷う。
そんな細い道ばかり。


そんな路地を抜けて、石門へ。



うっかりカメラを縦に持ってしまいました。。。。。
見にくくてすいません。


DSC01834

抜けたとこ。

DSC01835



さぁ、出たところは平見地区へつづく長い坂の下です。
前は海。東の浜。




ん?
なんかやってるのかな?

DSC01836

しばらく見てたのですが、捜索?
でも、すぐ真下辺りしか見てなかったので、なにか落とし物かな?



DSC01837

坂を上り始めてすぐに先ほどの迷宮へ再び逆戻る階段があるでよ。


DSC01838



坂の中腹に右へ入る道があります。
DSC01839

この道は、通称「ぼっかい」
中学生の頃はもっぱらこっちを通りました。
なので、こちらへ。



DSC01840

木々の隙間から先ほどの浜が見えてます。
車が増えたよう。



DSC01844

下が普通通る道。
今はこんなに歩道が広く、きれいに整備されてるが、私が中学生だった頃は、今の半分もないくらい狭く、溝蓋だらけの歩道だった。
3、4人で登下校すると歩道からはみ出てしまうので、この上の道を通っていたのです。
が、この道は街灯もなく、木々が生い茂っていて、夕方はとても暗く、冬の下校時はあまり通れなかったです。

で、なぜ「ぼっかい」という通称だったかというと・・・

DSC01845

この「ぼっかいこ」の看板。
略して「ぼっかい」

「ぼっかいこ」がどういう意味なのか、ここはなにかの施設なのか、個人の別荘か何かなのか、全くわかりません。
謎です。

DSC01847

建物も見えますが、よくわかりません。

DSC01849

反対側の門。
広そうだけど・・・謎です。





DSC01846

そろそろ出口です。



DSC01850

JCが見えました。

正面の道をまっすぐ行くと中学校。
中学校まで行きたかったのですが、中学生に怪しい人物だと思われかねないので、学校が休みの時にでも、また。




DSC01851

来た道を振り返って。




DSC01852

ユースという民宿だったはずですが、もうやってないみたいです。
通常の道から上がってきたら坂の終わりに建ってます。


なんでしょう。
町内でやってたお店はほとんど今はやってないみたいです。
さみしいですね。


右に曲がって平見公園へ。
DSC01853

トイレが立派でビックリしました。
こんな庇がついてたとは。

DSC01854

しばらく行くと落合記念館の看板が。
落合さんにも野球にも全く興味がない上、結構入館料が高いと聞きます。
おそらく一生いかないでしょう。





さて、帰りますか。

帰りは普通の坂道で帰りました。
中学生が後ろにいて、写真を撮りながら歩くのが、少し恥ずかしくなりました。



DSC01855

坂の途中の記念碑。

DSC01856

ふむふむ、わからん。





DSC01857



ふう。
坂の下まで来て、ヘコヘコとんぼさんが東の浜のトイレの電球がLEDになったと言っていたのを思い出し、トイレに寄ってみる。

ちなみにまだ捜索活動(?)は続いてました。




DSC01858

DSC01859

なるほど、LEDだ。




少し先にもう一つトイレがあります。

DSC01864

こっちのことやったかな?

入って見たらこちらもLED。
どっちもでした。




DSC01863

エビ網。ここじゃないけど、おじさんが一人作業してました。






DSC01860

町内では珍しいヤンキーカー。
がるきさい?
なんだろう。なんて読むんだろう。




DSC01861

坂の下の駄菓子屋さん。
ここもやってませんでした。




DSC01862

りっぱな建物。避難場所。



DSC01865

紀陽銀行。
ここのATMは店舗内に設置されているため、平日しか使えません。
平日も18時まで。(他は21時までやってる)
何のためのATMか。





DSC01866

太地で有名なスポット。でっかいシュークリームがあるケーキ屋さん、マツシタ。
でかシューは食べにくいので、町民はあまり買いませんが、ここのケーキはおいしい。

が・・・ここで衝撃の事実発覚!

DSC01867

なんと!閉店してしまうという・・・。
ショックだ。




DSC01868

今も昔も変わらず営業の雑賀ふとん店。
これからもがんばってください!




DSC01869

この左のお宅もかつては駄菓子屋だった。
ものすごく近所なので、しょっちゅう行った。
夏はかき氷とソフトクリームもやってた。



色々とさみしくなったなぁ。



hanyaa_funyaa at 11:55|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2012年06月28日

クラシックカー

4月29日
有田市内某所
クラシックカーが町内を走るイベントがあり、写真を撮ってきてそのまま忘れていたので、いまさらうpする。

DSC01694

まずはビートル。
黒い車体が超絶かっこいい。

DSC01718

白いパイピングの茶色いシート。

DSC01719



DSC01696

アバルト

DSC01722
DSC01721

シートが赤でかわいいでござる。



DSC01695

DSC01697

DSC01728


DSC01698

DSC01699

DSC01700

ジムニーやよね?
クラシックカーとはちょっと違うけど、かっこよす。

DSC01723


DSC01701

DSC01702



DSC01704

アルピーヌ

DSC01724


DSC01725

DSC01705

フェアレディ

DSC01706

DSC01707
DSC01709

DSC01708

DSC01710

GT-R

DSC01711

車内散らかってました。

DSC01712

DSC01715

DSC01714

こっちのオーナーさんはすっきりさせてます。

DSC01713

DSC01717

シティカブリオレ

DSC01716

DSC01720



DSC01726

オレンジとカーボンのフェアレディ

DSC01727

あんまり詳しくないので、名前とかわかんないんですけど、やっぱ旧車ってかっこいいですねー。
最近の車はまるっこくて嫌です。
安全性重視でデザインがおざなり。
ミラーも出っ張ってるのは今はダメらしいですね。
つまんないですねー。




hanyaa_funyaa at 14:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年11月09日

暖海地区

帰り道、ふと「洞窟」に寄りたくなった。

国民宿舎白鯨の近くの道のすぐ脇にある「洞窟」
子供のときのままごと、中学生のとき、先輩たちがたまり場にしていた場所。

懐かしい。

DSC01149


こんなに狭かったか。
あいかわらず中は不法投棄か流れ着いたのか洗剤の容器などが落ちてた。

そのすぐそばの海岸もちょっとのぞいてみる。

DSC01151

きんぎょ湾
なんできんぎょ湾かは知らない。
正式名称かどうかも知らない。

DSC01152

DSC01153

DSC01154

DSC01157


流木がたくさんでした。



そのあと暖海(あたみ)公園へ。


DSC01158

山のすぐそばで虫が多く、夕方すぐ暗くなるので、あまり遊びに来たことがないです。
いっつもひとのいない悲しい公園。




DSC01159

さくらんぼちゃんに似た滑り台発見。



hanyaa_funyaa at 18:02|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

浅間山・2


BlogPaint


では、戻って、真ん中の道へ。

DSC01121


ありゃ、また分かれ道。
じゃ、とりあえず右へ。


DSC01122

右に急カーブしたと思ったら、もう出口。

DSC01126

あ、さっきの広場・・・・
しかも1番右の道とつながってました。
図解:広場の端っこに出てきました。

BlogPaint

黒いのは案内板(また)

DSC01127





では、左側の道を行ってみますか!


DSC01128

あれ・・・・





というわけで、ここからは、あらかじめ用意してあった画像です。
断じて今回通ったわけではありませんよ。


DSC01129

下っているようです。


DSC01130

結構長い。


DSC01131

隙間から海が見えてきました。

DSC01132

落石注意は脅しではないようです。
もうすぐ平地です。


DSC01133

落石どころか落盤してました。


なるほど、遊歩道につながるんやったか。
なんとなく思い出したような、そうでもないような。

せっかく下ったので、山道を戻らずに ここから自転車まで帰ろうと思う。
が、右向きは行き止まり。


DSC01134

左側はくじら館方面か。
では、左へ。


DSC01135


こうゆう洞窟懐かしいなぁ。
子供のときはこんなとこでばっかり遊んだなぁ。
そういえば、おとんとおとんの知り合いと,こんなとこでサザエのつぼ焼きを食べたのを思い出した。
このあたりだった気がする。
ノスタルジー・・・・・・



お、くじら館が見えてきた。

DSC01138

あ、あかん。
思い出した。
これくじら館の裏口(水族館の横)とつながってるんやった。
くじら館の裏口は現在封鎖されている(なぜなら、この遊歩道が立ち入り禁止になっているから)。

ここまできたのに・・・・・・・・・
来た道を戻るしかないらしい( ;∀;)




DSC01139

ふぅ。やっと帰ってきたぜ。
足が限界超。

でもここから自転車で家まで帰るんだな・・・・




DSC01148

さっきの遊歩道の右側の道とつながる場所。

DSC01142

DSC01143

畠尻海水浴場。植物園跡地前。


DSC01141


DSC01140

海水浴場の反対側も遊歩道があります。(もちろん現在立ち入り禁止ですが)
これどんなになってるんやったかなぁ。どこにつながってるんやっけ??


hanyaa_funyaa at 17:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

浅間山に登ってきた

では、いざ!

(あ、ちなみに「せんげんやま」と読みます)



DSC01095


なかなかいい感じのスタート。
優雅な昼下がり。


DSC01096

と、台風の影響か木が1本横たわっていました。



DSC01097

ほかにも倒れてる木がたくさん。



DSC01098


階段の邪魔になる木を伐採した後で書かれたのでしょうね。
ありがとうです。


一方、階段を上りきったあたりにはこんな張り紙が・・・

DSC01099

DSC01100

シーシェパめ!!


ところで、ふくらはぎが悲鳴を上げてます。


DSC01103

広場に着きました。
息が上がりまくってました。
汗もじっとり。
飲み物持ってこなかったことを激しく後悔。


DSC01104

端のほうに案内板(だった)らしきもの。

DSC01105

木に埋もれてます。

さて、この先は3方向に分かれてます。

BlogPaint


とりあえず、1番左の道へ。

DSC01107


DSC01108

展望台です。
子供のときは、ここへきてお菓子とか食べた気がします。

DSC01109

DSC01110

太地の平見の坂が見えてます。

DSC01114

こっちはグリーンピア。


DSC01113

さっきのゴーカートも見えてます。

DSC01115

これは浦島?かな?

展望台のベンチに立って1回転してみました。





DSC01120

やっぱり案内板は何も書いてない。



hanyaa_funyaa at 17:06|PermalinkComments(3)TrackBack(0)